プロデューサー発 制作現場 裏の裏

Myけいはんな 3月前半分 「第22回 相楽『少年の主張』大会」


2月 15日(日)各市町村からの代表 13 名による「第 22 回 相楽『少年の主張』大会」の模様をお届けします!
みなさん、真剣な表情でそれぞれの思いを飾り気のない自分自身の言葉で、元気いっぱいに発表してくれました

◆(小学生の部)奨励賞◆
「おまじない」
の言葉 高の原小学校 6 年 河嶋 恭子さん

◆(小学生の部)奨励賞◆
バスケットボールから学んだこと
和束小学校 6 年 福田 隆晟さん

◆(小学生の部)優秀賞◆
エコへの挑戦~私にできること~
城山台小学校 6 年 岡田 花凜さん

◆(小学生の部)奨励賞◆
差別をなくすために 僕にもできること
笠置小学校 6 年 田中 毅さん

◆(小学生の部)奨励賞◆
あいさつは未来につながる
加茂小学校 6 年 川森 光琉さん

◆(小学生の部)最優秀賞◆
言葉の力
山田荘小学校 6 年 荒深 健伍さん

◆(小学生の部)奨励賞◆
環境と人の心を変えるポイ捨て
南山城小学校6年 柴垣 萌さん

◆(中学生の部)奨励賞◆
目の見えない人に対して
笠置中学校2年 石田 菜々子さん

◆(中学生の部)最優秀賞◆
平和になるために
木津南中学校 2 年 斧田 夏歩さん

◆(中学生の部)奨励賞◆
伝えるということ
笠置中学校2年 和田 由衣さん

◆(中学生の部)奨励賞◆
新しい時代を迎えて
山城中学校2年 古西 慎之介さん

◆(中学生の部)奨励賞◆
差別について
精華西中学校2年 正下 暖子さん

◆(中学生の部)優秀賞◆
自分の口で伝えよう
和束中学校2年 池田 紀恵さん

今回の少年たちの主張では、「楽しく平和に生活のできることを想い表現している」内容が多く、これからの社会に活かして行きたいと講評でたたえられました

Myけいはんな 3月後半分 「加茂のむかしばなし」

一話目は「二ツ井と菜切石」【木津川市加茂町井美平尾】
昔、ここを通りかかった弘法大師がこの石(写真右)の上で菜を切るとよいと勧められ試してみると包丁の刃がちっともこぼれないのでそれ以来村人はここで菜を切るようになったと言うお話です

今もなお、きれいな地下水がこんこんと湧き出ている二ツ井では、地域の人々が月当番で掃除やお花を絶やさないように大切におまつりされています。昔は上から順に、野菜など食べもの→洗濯もの→オシメなど汚れたものと使い分けていたそうです

二話目は「大男ずんど坊」【木津川市加茂町森】
写真中央の高い石が大男ずんど坊の杖、実は石の大きさをおわかりいただくために音声さんがハイカーになって出演しています

大男ずんど坊をはじめ、今回、昔話の最後に入る素敵な4枚挿絵は、地元木津川市の「似顔絵きらそら工房」木下美由起さんが特別に描いてくださいました。きらそらさんの、のびやかでいきいきとした挿絵も是非お楽しみに♪

三話目は、「慈心上人と大井手」【木津川市加茂町瓶原】
写真は、和束川からの取水口付近(和束町石寺)ここから山向こうの加茂町瓶原まで少し上の山際を延々水路が続きます

加茂町井平尾の水路のあたりから瓶原を望んだ風景です。鎌倉中期、慈心上人が10年の歳月をかけ、この見渡す限りの郷を潤す全長6.7キロにも渡る大井手用水が造られました

四話目は、「流岡のいわれ」【木津川市加茂町岡崎】
木津川に架る恭仁大橋の袂に残された「流岡山(ながれおかやま)」(写真左手)

こちらが流された「飯岡山(いのおかやま)」【京田辺市飯岡】「ながれよかー」「いのかー」と互いに何度も掛け合う声が心に沁み入ります

今回朗読をお願いした「読み語り 円座」主宰の大原めいさんは、木津川市在住のプロの演技者、語り部で私どもの番組のためにご協力いただきました。めいさん、きらそらさん、Cafe瑠璃さん、本当にありがとうございました!!

同じく木津川市内にあるcafé瑠璃さんにご協力をいただき番組収録を行いました。こちらの古い蓄音器が番組中でもたくさん映っています。もちろん、実際のSP盤の楽曲がBGMとして挿入されていますので、じっくりとお楽しみください

収録後、番組に関わらせていただいたお礼にと、お話の挿絵 をお描きいただいたきらそらさんが、こんなプレゼントをし てくださいました!きらそらさんの本業は、似顔絵書き、 Cafe 瑠璃さんに原画を飾らせていただきます。みんなとって も若く素敵に描いてくださって嬉しいです♪(左上より、会 場をご協力いただいた Cafe 瑠璃さん、朗読の大原めいさん、 私、挿絵の木下美由紀さんご本人、お花の小林拾子さん)


「似顔絵きらそら工房」木下 美由起(ぽん太)
TEL:080-1438‐3190
E-mail:mkkoubou@kcn.jp
URL:http://ameblo.jp/nigaoekirasora/

カフェ


2014年4月30日OPEN 京都府木津川市浄瑠璃寺のすぐ近くにあるカフェで、店内にはご主人が趣味で集められた古い蓄音器がたくさん置かれており、お客さんが少ない時は演奏してくださいます。静かでゆるりとした時間をお過ごしください。


加茂町浄瑠璃寺バス停北へ 200m(徒歩約 2 分)
車利用の場合は、国道 369 号線から府県道 44 号線、同 752 号線を経由して浄瑠璃寺着、徒歩 2 分


●Café 瑠璃(木津川市加茂町東小上東谷 53 番地 TEL:0774-66-6568)


詳しくは、コチラまで

環境

「京都モデルフォレスト DAY」には、「森を元気しよう」と大勢の人たちが参加していました

薪を自分で割る「薪割り体験」は、エネルギーのありがたさや大切さを実感してもらいます

豊かな自然を豊かなまま次の世代に渡すという自然保護、その始まりが自然観察です

子どもたちは自然を体感することで新たな発見をすることも(ホウバの大きな葉っぱのお面)

ツリークライミングでは、はじめに高~い森の木にあいさつです「よろしくお願いしま~す!」

森づくりは、作業をするだけなく、自然を身近に感じ、遊びの中で森林の保全整備の大切さを伝える役目も担っています

アメリカ生まれのロケットストーブは、高能率、低燃費、低 コストの手作りエコストーブです

みんなで、健全で豊かな森づくりに欠かせない、森林整備活動(間ばつ)を体験しました


「STIHLの森 京都」(府民の森ひよし)


「モデルフォレスト運動」

大学対抗

平成 27 年 2 月 7 日(土)100 人を超える学生さんが集まり「第 2 回大学対抗茶香服リーグ」が宇治市で開催されました!
優勝は、京都府立大学さん、個人優勝も京都府立大学の杉田葵さん、おめでとうございます!!
(写真提供:公益社団法人京都府茶業会議所)
◆お問合せは、公益社団法人京都府茶業会議所まで 電話:0774-23-7713

「茶香服」は... 鎌倉・室町時代に「茶の湯」文化が起こるとともに、遊び心でお茶の種類や産地品の良し悪しなどを見分ける競技として盛んに行われるようになりました。 遊び方は、玉露・煎茶・雁が音・番茶・ほうじ茶など数種類のお茶を選び、それに花鳥風月客など風雅な茶銘をつけて、順不同に出されるお茶の茶銘を当てるというものです。玉露、煎茶を含む 5 種類のお茶を 5 回飲み分け、最高 25 点満点で順位を争います。

平成27年2月8日(土)「第10回 春の宇治茶フェスタ」を開催!(於:宇治茶会館・茶業センター)


拡大画像を見る

KCN京都制作CM 「デジアナ変換放送終了のお知らせ」(9月1日~デジアナ変換放送終了まで放映)」

地域密着のCATVらしさを出したCMをと、収録は地元精華町のNPO法人「みんなの元気塾」にご協力いただきました
みんなの元気塾 facebook ページ

おばあちゃん役は「みんなの元気塾」に通う、とてもお元気な植西てるさん、精華町東畑在住で何とお歳は88歳です

てるさんは、こちらのリクエストにも何度もしっかりと応えていただきました。いつまでも長生きしてくださいね♪

番組に出演しているニュースキャスターも

電話のお相手やナレーションも全員、KCN京都のスタッフ!

役者さんではない味のあるあたたかなCMとなっています!

デジアナ変換放送終了後は、アナログテレビでご覧の方は、テレビ放送をご覧いただくことができなくなりますが、

KCN京都なら、STB(セットトップボックス)を設置するだけ!お気軽にお問合せください!

PAGE TOP