KCN京都
ユーザーサポートケーブルテレビインターネット光電話ご加入方法よくある質問サービスエリア
 トップページ>プレゼントのお知らせ
トップページ サイトマップ 広告について お問い合わせ 会社案内 個人情報について
 

「没後50年 藤田嗣治展」開催のお知らせとチケットプレゼント


藤田嗣治 《カフェ》 1949年 油彩・カンヴァス ポンピドゥー・センター(フランス・パリ)蔵
Photo (C) Muse´e La Piscine (Roubaix), Dist. RMN-Grand Palais / Arnaud Loubry / distributed by AMF
(C) Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となった画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ 1886-1968)。2018年は、エコール・ド・パリの寵児のひとりであり、太平洋戦争期の作戦記録画でも知られる藤田が世を去って50年目にあたります。この節目に、日本はもとよりフランスを中心とした欧米の主要な美術館の協力を得て、画業の全貌を展覧する大回顧展を開催します。
本展覧会は、「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試みです。藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦の代表作、初来日となる作品やこれまで紹介されることの少なかった作品も展示されるなど、見どころが満載の展覧会です。
詳しくはコチラをご覧ください。
会期 :2018年10月19日(金)〜12月16日(日)
午前9時30分〜午後5時、毎週金、土曜は午後8時まで(入場は閉館30分前まで)
休館日 :月曜日
会場 京都国立近代美術館(岡崎公園内)
主催 :京都国立近代美術館、朝日新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿

KCN京都ご加入の方、5組10名にチケットをプレゼントいたします。
ご希望の方は官製ハガキに、住所・氏名・電話番号・「藤田嗣治展」と明記の上、下記までご応募ください。(当選は発送をもって発表とさせていただきます。)

■送り先
〒619-0237 相楽郡精華町光台七丁目11
株式会社KCN京都「藤田嗣治展」係 まで

■応募締め切り:2018年10月10日 当日消印有効

 
 
 

「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ― 人は人をどう表現してきたか」
開催のお知らせとチケットプレゼント


エリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン《エカチェリーナ・ヴァシリエヴナ・ スカヴロンスキー伯爵夫人の肖像》 1796年
Photo (C) RMN-Grand Palais (muse´e du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom

ルーヴル美術館の全8部門協力のもと“肖像”に焦点を当てた「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ― 人は人をどう表現してきたか」を開催します。
本展は肖像芸術の役割―モデルの人物の存在を記憶・記念する、権力を誇示する、イメージを拡散する等々―、表現上の様々な特質を、ルーヴル美術館の豊かなコレクションを通して浮き彫りにするものです。
3000年以上も前の古代エジプトの棺用マスクから、マケドニアのアレクサンドロス大王、フランス王妃マリー=アントワネット、フランス皇帝ナポレオンなど古今の権力者を表した絵画や彫刻、華麗な女性や愛らしい子どもたちの肖像、そして16世紀の奇才の画家アルチンボルドの肖像画まで、約110点の傑作で肖像芸術の世界を余すところなく紹介する、かつてない展覧会にどうぞご期待ください。
詳しくはコチラをご覧ください。
会期 :2018年9月22日(土)〜2019年1月14日(月・祝)
9時30分〜17時(入場は閉館の30分前まで)
休館日 :月曜日(祝休日の場合は開館、翌火曜日休館。ただし12/25(火)は開館)
12/28(金)〜1/2(水)
会場 大阪市立美術館
主催 :大阪市立美術館、ルーヴル美術館、読売テレビ、読売新聞社

KCN京都ご加入の方、各5組10名にチケットをプレゼントいたします。
ご希望の方は官製ハガキに、住所・氏名・電話番号・希望する展覧会「ルーヴル」と明記の上、下記までご応募ください。(当選は発送をもって発表とさせていただきます。)

■送り先
〒619-0237 相楽郡精華町光台七丁目11
株式会社KCN京都「ルーヴル」係 まで

■応募締め切り:2018年9月20日 当日消印有効

 
 
 

「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」
開催のお知らせとチケットプレゼント


《ドップ:清潔な子どもの日》1954年
ポスター(リトグラフ、紙)パリ市フォルネー図書館蔵
(C)Annie Charpentier 2018

レイモン・サヴィニャック(1907−2002)はフランスを代表するポスター作家です。《牛乳石鹸モンサヴォン》(1948/50年)に代表されるように、陽気でシンプルな彼の作品は世界中の人々に愛され続けています。
同展覧会は、ポスターと合わせて原画や関連作品を展示。中でも、パリの街角を賑わせた巨大なポスター群は新鮮な驚きを与えてくれるでしょう。
道行く人々の心を躍らせ、街を彩ったポスターの役割に思いを馳せながら、それらを魔術師のように操ったサヴィニャックの世界をご堪能ください。
公式HPはコチラをご覧ください。
会期 :2018年10月27日(土)〜12月24日(月・振休)
午前10時〜午後6時(金・土曜日は午後8時まで) 入場は閉館の30分前まで
休館日 :毎週月曜日(ただし12月24日(月・振替休日)は開館
会場 兵庫県立美術館
主催 :兵庫県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会

KCN京都ご加入の方、5組10名にチケットをプレゼントいたします。
ご希望の方は官製ハガキに、住所・氏名・電話番号・「サヴィニャック」と明記の上、下記までご応募ください。(当選は発送をもって発表とさせていただきます。)

■送り先
〒619-0237 相楽郡精華町光台七丁目11
株式会社KCN京都「サヴィニャック」係 まで

■応募締め切り:2018年10月20日 当日消印有効

 
 
 プレゼント情報ページ コチラより
 
 プレゼント情報ページ コチラより
Copyright