ようこそゲストさん

KCN京都通信

2010/05/01(土) 「宇治市名木百選」シリーズ 第3弾

宇治市
昭和54年、宇治市にて緑化事業の一環として「名木百選委員会」が設立されました。現在、102本選定されている名木の中から、今回は伊勢田神社にある「しいのき」と「もちのき」を紹介します。


「しいのき」
100501.jpg

100502.jpg
昭和56年3月1日、宇治市名木百選に認定されたこのしいのきは推定樹齢300年。
立派な幹に、その歴史を感じます。


「もちのき」
100503.jpg
しいのきと同じく昭和56年3月1日、宇治市名木百選に認定されたこのもちのきも推定樹齢300年。
こちらは治療中でしょうか。幹に布が巻かれ、添え木がされていました。早く元気になってほしいですね。



伊勢田神社の南北に延びる参道には、たくさんの木が植えられていて、その途中にはいくつかのベンチも置かれ、地域の方々の憩いの場所にもなっているようでした。
お散歩や、ちょっと休憩にもお勧めのスポットです。
100504.jpg


<伊勢田神社>
所在地:宇治市伊勢田町若林