ようこそゲストさん

KCN京都通信

メッセージ欄

2017年10月の日記

一覧で表示する

2017/10/02(月) ぷらっと美術館へ行こう! 『特別展覧会 国宝』

催し案内
bijyutukan.png aruki.gif
今から120年前、「国宝」という言葉が産声を上げたそうです。
そして同じ年、京都国立博物館の前身である帝国京都博物館が開館をしました。
まさに今年2017年は、ふたつのメモリアルイヤーにあたります。

今回の『ぷらっと美術館へ行こう!』は、京都国立博物館平成知新館にて、10月3日から開催の
京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」をご紹介します。
kokuhou-20.jpg
京都国立博物館では、41年ぶり、待望の展覧会です。

現在、国宝に指定されている美術工芸品は885件。※1

今回は、そのうち約4分の1にあたる、200件以上の国宝を、展示期間を4期に分けて公開します。
つまり、何度行っても違った作品が見られる訳です。贅沢ですねぇ〜

内覧会が開催された第鬼の展示で、取材陣からも一番注目されていたのは
kokuhou-1.jpg
コチラ!
kokuhou-2.jpg
国宝 慧可断臂図 雪舟筆 一幅 室町・明応5年(1496) 愛知・斉年寺【10月3日〜10月29日展示】

国宝に指定される作品の数が最も多い日本の画家は、雪舟なんだそうです。
今回の展覧会ではその国宝6件が1つの部屋にズラリと並ぶ期間があるのですよ。

会場は、ジャンルに分けて展示をしています。
「考古」「書跡」「彫刻」「仏画」「中世絵画」「近世絵画」「中国絵画」「染織」「金工」「漆工」「陶磁」
「六道と地獄/肖像画※2」「絵巻物/装飾経※2
kokuhou-3.jpg kokuhou-24.jpg
kokuhou-25.jpg kokuhou-26.jpg
kokuhou-27.jpg
みなさんは、どの分野に興味があるのでしょうか?

どの作品を見ても『あ、コレ!』と思わず興奮で声が出てしまうほど
一度は、美術の教科書や、テレビや雑誌で見たことがあるものばかりです。

だからこそ、実物でしか確認することが出来ない、
作品の大きさや色、輝きをご覧いただければと思います。
kokuhou-8.jpg

kokuhou-28.jpg
そして、作品に触れるわけではないのですが、その作品が辿ってきた歴史の重みと物語が
ガラス越しにでも感じ取ることが出来るのです。
この感覚は、実際の作品をご覧いただいてこその感覚だと思います。
秋深まる京都へ、ぜひお出掛けください。

そして・・・好評(?)★ミュージアムショップオリジナルグッズのご紹介★
風神雷神のスマホケースや国宝をモチーフにした手ぬぐいなどなど
気になるアイテム満載です!
kokuhou-15.jpg kokuhou-16.jpg

京都国立博物館公式キャラクター「トラりん」グッズも増えていますねぇ〜
kokuhou-14.jpg kokuhou-11.jpg kokuhou-12.jpg
(個人的にも欲しいものばかり)

そんな数ある中から、イチオシは・・・
kokuhou-17.jpg
「風神雷神フェイスマスク」。パックです。どうですか?インスタ映えしそうでしょ?(笑)
限定商品ですので、気になる方はお早めに。

今回もトラりんは、PR活動を頑張ってましたよ。
kokuhou-18.jpg kokuhou-19.jpg
見た目はちょっぴりこわもてですが、動きはとっても可愛いトラりん。
動画でお見せできないのが残念。

illust352.png illust352.png

※1 2017年度に新たに指定される作品を含みます。
※2 展示期により展示替があります。
※ 本内容掲載の画像は、取材記者として許可をしていただき、撮影・掲載をしております。
展覧会場内は作品保護・所蔵者権利保護のため、写真撮影はご遠慮ください。


■「特別展覧会 国宝」ホームページ